家庭教師に向くこと向かない子の見分け方とは

女の子を指導する女性の家庭教師

家庭教師は、部屋の中で1対1で勉強を指導するため、どうしても向いている子と向いていない子がいます。それは、子供の性格的な面で判断されますが、家庭教師に向いていない子の場合には集中できなかったり、家庭教師が来るのが憂鬱になってしまったり…そうならないためにも家庭教師に向いている子と向いていない子については知っておいた方がいいと思います。

家庭教師に向いている子は、クラスや塾などの人が大勢いる場所で質問するのが苦手な子は、家庭教師に向いています。緊張しやすい子供や、自分に自信が持てない子供などは、どうしても質問をためらってしまいます。

これは、大勢の人がいる場所だと特に発言できなくなってしまうため、塾に通うのも本人がゆううつになってしまうことがあります。

だからこそ、そんな子には家庭教師が向いています。まわりの子たちの目を気にすることなく、質問することもできますし、自分の家で勉強も行えるのでリラックスして頭に内容が入ってきやすくなるのです。

こういう子供は、家庭教師との勉強でぐんぐん成長することができますよ。では、逆に家庭教師に向いていない子とはどのようなタイプの子供なのでしょうか。

家庭教師に向いていない子とは、現在の学習スタイルで学校でも集中して取り組むことができている子供などは今のクラス制でも問題なく勉強できている子供と考えられるのでどちらかというと塾などの方が向いているかもしれません。

家庭教師に向いていない子と向いている子の特徴はそれぞれ逆と考えていただければ問題ないかと思います。しかし、この判断を誤ってしまうと、結果勉強が身につかないという結果に繋がってしまうので、その子供がどのような性格で、どのような環境での勉強が身に付きやすいのかを考えてみるといいでしょう。

1対1の勉強で伸びる家庭教師に向いている子であれば、学習方法を変えることでぐんぐん成長していく可能性もがかいので、是非見直してみてはいかがでしょうか。